設立〜戦争での休止 再開〜ねずみ島との別れ 島からプールへ 次の百年へ
できごと長崎のできごと
1902
明治35年
  • 瓊浦游泳協会として創立、ねずみ島を道場と定める。
浜市商店連合会が発足する。
1903
明治36年
  • 正会員、16歳未満34銭、16歳以上38銭(1ヶ月)
    準会員、16歳未満5銭、16歳以上10銭
1/20英国より帰国の夏目漱石が上陸
宝屋旅館に投宿する
1905
明治38年
  • 深堀遠泳始まる
    8/12、8/21の二回実施
  • 第一回競泳大会、観衆1,000名集める
  • 小堀流第六代師範、猿木宗那先生来島
現在の長崎駅が出来る。それまでの長崎駅は浦上駅に名称変更。
1907
明治40年
  • 正会員、小学生80銭、中学生1円
    準会員、小人10銭、大人20銭
  • 博多丸、モンゴリア号(ロシア汽船)にコレラ発生、“島"2週間の休止
大村湾で真円真珠の生産に成功。
1908
明治41年
  • 第1回九州競泳大会(協会主催)
    審判長は猿木宗那師範
  • 筑前丸コレラ発生、一時休止
トーマス・ブレイク・グラバーに勲二等旭日重光章が贈られる。
1909
明治42年
  • 正会員2,000名に達す
  • 田中直治先生、主任師範となる
  • 甲・乙・丙制確立す
  • 国際競泳大会、入港中のドイツ艦隊と覇をきそう
  • 9月、入港中の大安丸にコレラ発生、一時福田へ
  • 9月23日、道ノ尾の万象園で第1回陸上運動会
長崎県医師会が設立される
1910
明治43年
  • コレラにて一時“島”封鎖、福田へ
玉江橋そばの新川口橋を出島橋として移設(現在の出島橋
1911
明治44年
  • 競泳大会の余興として『大名行列』初披露
不敬事件に問われ発行停止となっていた『長崎新報』が『長崎日日新聞』と改題(現在の長崎新聞の前身)
1912
明治45年
(大正元年)
  • 創立10周年、木札を(全期)60銭に値下げ
  • 山上への道路完成
倉場冨三郎、グラバー図譜の制作を開始。
1913
大正2年
  • 長崎游泳協会と名称を改める
  • 熊本県三角で開催の九州大会に参加、短距離・長距離とも大勝す
梅月堂」本石灰町で創業。
1914
大正3年
  • 第1回有明海横断遠泳
    9時間半に及ぶ力泳も失敗に終わる
  • 8月、台風により“島"設備倒壊
  • 秋の陸上運動会の会場が田上の合戦場
お諏訪さんに「英文おみくじ」登場。
1916
大正5年
  • 第2回有明海横断遠泳
    長洲→島原のコースで成功
  • 大阪遠征、極東オリンピック予選出場
  • 協会矢上支部発足
ザボンの害虫が大発生し長崎市内のザボンの木を伐採
1917
大正6年
  • 極東オリンピック大会、今村豊一哩に優勝、八牧貫一880ヤード2着
  • パリより帰国の宇田川五郎師範来島
  • 創設15年記念九州競泳大会開く
  • 小学校競泳大会開催
京都帝大教授、新村出(「広辞苑」編者)が来崎。県立図書館で講演会を開く。
1918
大正7年
  • 会歌発表会、“汝れ三伏の・・・”
  • 大毎主催全国中学校競泳大会、浜寺で協会員活躍す
スペイン風邪猛威をふるう
1919
大正8年
  • 「長崎游泳協会教範並ニ試験過程」出版
5/6菊池寛、芥川龍之介が来崎
1920
大正9年
  • 前半コレラにより游泳場を神の島へ
  • 安藤教士設計の事務所完成
  • 小学校競泳大会で「崎陽の華」(後に「瓊浦の華」)初登場
  • 鼠島施設を市に提供し市営事業化する計画が進むも実現せず
第1回国勢調査。長崎市の人口17万6534人は九州第1位、全国第7位。
1921
大正10年
  • 極東オリンピック(於上海)1哩に今村栄三優勝、
    100ヤード背泳に持長2着
  • 各地へ游泳教師派遣
    矢上臨海学校へ松島、笹森
    百道海岸(福岡)へ吉野フイ、田原ハツ
    その他島原中学、時津游泳場等へ
紅葉谷に市営火葬場を設置。
1922
大正11年
  • 浦川力初段、揚子江往復横断成功
  • 鼠島に電話架設
  • コレラで一時香焼海老瀬へ又、尾の江へ移る
  • 12/23西郷四郎協会顧問静養先の尾道で死去
築町で大火災。全半焼132戸。
1923
大正12年
  • 小榊村が長崎市に編入、鼠島も長崎市に
  • 4/7晧台寺にて西郷四郎顧問の葬儀が東洋日の出新聞社葬として執り行われる
    墓地は鍛冶屋町の大光寺に
  • “島"の活動写真を作る
  • 女子部遠征(東京)玉川水泳場へ吉野フイ、田原セツ、吉野四季子、山中松代が出場
  • コレラ発生(8月)茂木へ
  • 財政再建に尽力した田中直三郎氏死去
長崎〜上海航路開設。長崎〜東京が汽車で36時間の時代に、長崎〜上海は26時間だった。
1924
大正13年
  • 青年団競泳大会
  • 佐世保鎮守府との対抗競泳に圧勝
  • 大日本水上競技連盟(現・日本水泳連盟)創立
新地「石橋蒲鉾」創業。
1925
大正14年
  • 水研事件、27名脱退、尾上浜で発会式
喫茶店「ツル茶ん」創業。創業時の建物は東洋日の出新聞の社屋。
1926
大正15年
  • 長崎市港湾課長島内嘉次郎氏が協会理事長に就任
  • 大毎主催、全九州水泳競技、長中クラブ優勝
日見トンネルが完成。
1927
昭和2年
  • 十哩競泳大会、対佐世保海兵団、対軍艦青葉乗組員、竹之内優勝、福野4位、熊井6位、小松7位
  • 五哩競泳大会(女子)久保田善子優勝、三浦貞子2位、本田静子3位、川合季子4位、以下、的山松子、吉田スミ子、原田孝子、近藤康子、西村マサ子
本石灰町の梅月堂が柳通り(今の観光通り)に移転
1928
昭和3年
  • 馬渡勇喜アムステルダム五輪に出場(200m平)
  • 九州水上競技大会で女性活躍
長崎紡績株式会社で一方的な賃下げ通告を発端に労働争議が勃発、全国の紡績争議の発端となる。
1929
昭和4年
長崎市で天然痘
1930
昭和5年
  • 会期直前、大型台風が設備破壊
  • ねずみ島山頂に皇后島神社建立される
長崎駅〜出島岸壁の臨港鉄道が開通。長崎港駅が開業。現在は遊歩道になっている。
1931
昭和6年
  • 創立30周年、正会員2,900名
  • 「日の丸号」就航、鋼鉄船で建造費6000円
  • 各地游泳場へ教師派遣
    木浦游泳場へ馬渡勇喜
    崎戸鉱業所游泳部へ原口清一
    学習院へ藤山網雄
    慶大游泳部へ平井清勝
  • 吉田道義、田中仙之助へ熊本宗家より小堀流踏水術目録が与えられる
  • 日英親善競泳、入港中の英軍艦に自由形で完敗
中島川の鐵橋(くろがねばし)が鉄筋コンクリート製に架け変わる。
1932
昭和7年
  • 港湾課長山田要氏理事長を引き継ぐ
  • 記念館完成、この年に限り会費を50銭値下げ、小学生1円、中学生1円50銭
  • 県下少年水泳大会
  • この頃より浜に砂を入れるようになる
三浦環が来崎。長崎、佐世保で四公演。
1933
昭和8年
  • 国際親善競泳競漕大会(雲仙諏訪の池)
    フランス東洋艦隊プリモーゲ号乗組員対抗競泳(自由形、ブレスト、背泳)を行う
  • 侍従武官、川岸文三郎少将“島”を視察
  • 小堀流七代師範小堀平七翁、来島
松尾サダ(愛八)60歳で死去。葬儀は盛大に行われ新聞も詳しく報道した。
1934
昭和9年
  • 段級制
  • 近代泳法「クロール」「バック」「ブレスト」を加えて指導を始める
  • 島一周の政右エ門道路完成(600m)
  • 田中直治、文部大臣の表彰を受ける
県営バスが営業開始。
1935
昭和10年
  • 学習院游泳教師派遣
    田中直一、熊井定男、中島行義、静岡県沼津へ
三菱球場(現川口町)で読売巨人軍と全三菱軍の野球試合が行なわれる
25対1で全三菱が敗退
1936
昭和11年
  • 学習院游泳教師派遣
    熊井定男、寺元忠雄、村尾嘉吉郎
  • ねずみ島風浪のため初段試験を大橋付近の浦上川で実施
ソ連発注の耐氷貨物船が川南工業香焼島造船所で起工、のちの南極観測船『宗谷』
1938
昭和13年
  • 小榊村が長崎市に編入され皇后島も長崎市に
三菱造船で戦艦武蔵起工
1939
昭和14年
  • 学習院游泳教師派遣
    堤一仁、細井勇、川平敏、高島孝明、山中義治
三菱造船所が倉場富三郎より『グラバー邸』を買い取る
1941
昭和16年
  • 学習院游泳教師派遣
    堤一仁、唐津勝也、石橋康雄、三島敏夫、井村泰雄
『へデクパウダー』の平坂製薬がアスピリンの調達が困難になり休業
1942
昭和17年
  • 創立40周年を迎える、「小堀流踏水術游泳教範」記念出版
  • ラジオ水泳会(昭和13年より始まる)いよいよ盛況となる
上海航路の長崎丸が伊王島沖で日本軍の機雷に触れ沈没。
1943
昭和18年
  • 弾丸で死ぬとも溺れて死ぬな
  • 壮丁訓練始まる
上海航路の上海丸が揚子江沖で兵員輸送船と衝突して沈没。
戦争激化のため昭和19年より21年まで休会

次へ→