長崎游泳協会会歌  長崎游泳協会の歌
100周年記念賛歌「泳ぎ継がれて」  雲助唄

 1917年(大正6年)に作られた会歌です。作詞の石橋忍月は文学者であり弁護士であった人で、市議会議員、県議会議員を務めました。作曲の島村吉門は東京音楽学校の出身で長崎師範学校(現在の長崎大学教育学部)の教授、長崎高等商業学校(現在の長崎大学経済学部)の校歌も作曲しています。たまたま来島した折りに会歌の話をきき、自ら進んで作曲したそうです。

長崎游泳協会会歌
石橋忍月 作詞
島村吉門 作曲
井上将英 採譜

データ作成:市川東五教士
(音色は再生するパソコンの音源によって変わります。)

  三伏さんぷくしょぢて
陋居ろうきょせをかこつひと
天然てんねんうと
陋居ろうきょひるぬるひと
など神島しんとうみず
魔を梵天ぼんてんはらはざる
  ここにうしほのはなきて
まつ不断ふだん調しらべあり
野母のもみさき夕立ゆうたてば
にじ千丈せんじょうはし
八郎岳はちろうだけくもてば
みね百態ひゃくたいえが
  牙営がえい三鼓さんこ高鳴たかなりて
裸児らじ三千さんぜんおどとき
投爪とうか獲●かっきょなみちて
驪龍頷下りりょうがんかみずさわ
海若かいじゃくところをうしなひて
尾閭びりょうそとひそむなり
●は王へんに居
  小瀬戸こせとうらたてめて
稲佐いなさおろしにひるがへす
敢為かんいはたきみずや
こし克己こっき太刀たちきて
文弱ぶんじゃくあら
そこに護国ごこくたましあり
  ああ鎮西ちんぜい一角いっかく
嵎を負ふぐう お  こと二十年にじゅうねん
逆巻さかまなみつち
玉散たまちしおうそぶききつ
きたひあげたる覇者はしゃけん
とこしへにかざさなむ